今年はどんなわたしを手に入れよう

 

2018年。平成30年。年が明けまして、あっという間に三が日が過ぎました。

一年の計は元旦にあり、という言葉が結構好きなのですが、元旦はアレヨアレヨというまに終わってしまいました。

明日からが旦那ちゃんの仕事始めで、いつもの日常の再開です。

なので、日常が始まる前に、今日のうちに一年の計を立てたいと思います。

 

 

 

 

 

今年はどんな年にしたい?

 

 

 

家族と周りの大切な人たちが健康で笑って過ごせたらいいなぁ。

結婚してからは特に、必要以上に自分の未来に希望や願いをかけたりすることがなくなりました。

独身時代は、自分はバリバリ働いて、いろんなことをして、いろんな経験をして、人にはできないことをバンバンやれる人になるんだー!と、いろんな夢見ていました。あちらこちらに精力的に手を出して結局何者にもなれなかったのですが、一体何になろうとしていたんんでしょう。とにかく平凡が嫌いだっただけなのでした。

今は平凡そのものです。選択の幅がぐっと狭まりましたが、いい意味で諦めがついたとも言えます。

心から幸せと言える今を大切にしていきたい。

ささやかだけど、この暮らしを丁寧に、毎日感謝して生きていきたいと願っています。

 

だから、暮らしを丁寧に、心地よく、毎日をご機嫌に過ごせる年にしたいなぁ。

 

大好きな神崎恵さんの手帳の最初のページにあるワークシートに沿って今年の自分をイメージしたいと思います。

 

 

 

 

365日でどんな自分になりたい?

 

 

 

まずは一年後の自分をイメージして書いてみましょう。

 

 

平凡でいい、とは言っても、やっぱり女としての自分は楽しみたいし、素敵な人になりたい。

人に言うのは恥ずかしいけれど、やっぱりわたしは「愛される人」になりたい。

同じくらい「愛する人」にもなりたい。

勇気づける人でありたい。

自分の気持ちを素直に表せる人になりたい。

好きな人に好きって伝えられる人になりたい。

いつもご機嫌な人になりたい。

優しくてかっこいいお母さんでありたい。

可愛い奥さんでありたい。

 

 

 

そのためにはどんなことをすればいい?

 

 

 

□ 背筋を伸ばす

□ 運動する

□ 読書する

□ 毎日ブログを書く

□ GIVE GIVE GIVEの精神で人に接する

□ お気に入りの服だけ着る

□ 好きなものに囲まれて暮らす

□ 甘いものを食べ過ぎない(脳腸相関)

□ 億劫なことを後回しにしない。思い立ったらすぐ行動。

□ 見栄を張らない・素直に・正直に。

□ 背筋を伸ばす。

□ 目力を意識。

 

 

 

 

365日で何を手に入れたい?

 

 

 

 

「なりたい自分」に近づくために何を手に入れれば良いか、考えてみましょう。

 

 

 

今は専業主婦だけど、今まで自分で働いてお金を稼いできたからか、旦那ちゃんのお給料で自分の欲しいものまで買うのがとても気が咎めます。実際、そこまで家庭も潤っていないし、現在は貯金もできていない状況です。

わたしがわたしらしく居られて、なりたい自分になるためには、

自分でお金を稼ぐことが必要。

これが今年一番手に入れたいものです。

子供が幼稚園に入るまでは働かないと決めていましたが、そうは言ってられない状況になってきました。

今年は、働きます!

 

 

 

手に入れたいもののリスト

 

 

 

□ 毛穴レスな色白透明陶器肌

□ 柔らかく引き締まった身体

□ 優しさ・素直さ

□ 経済力と自信

□ チャーチの靴

□ クロエのショルダーバッグ

□ J&M DAVIDSONのお財布ポシェット

□ 西川ダウン

□ イイホシユミコさんのリム皿

□ イッタラのマグカップ(もしくはもっと気に入った形のマグ)

□ ドレッサー

□ 姿見

□ ラロッシュポゼのBB

□ エトヴォスのファンデーション

□ クリニークのクッションファンデ

□ ルナソルのアイシャドウ

□ 運命の赤リップ

□ ヌーディーなピンクベージュリップ

 

 

 

具体的なモノも書き出してみましたが、意外と少ない欲しいもの。

 

 

 

 

 

 

書き出してみて、まだ自分はシンプルになりきれていないのを感じました。

人生を複雑にしないこと。

勇気づけのできる温かい人を目指して、今年も丁寧に暮らしを綴っていきたいと思います^^

 

 

 

 

ランキング参加中です
ポチッと応援励みになります☆

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 家族ブログ 幸せ夫婦へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旦那ちゃんが大好きで仕方ない嫁です。 今まで仕事が一番だったのだけれど、主婦になって初めて自分の居場所を見つけたと感じています。 家事・育児・暮らしごとをしている今がいちばん幸せ。