妹は、一生治らない病気を抱えて生きている それがどういう気持ちなのか 想像の範囲ではきっと狭すぎるだろう 本当のところは本人にしかわからないけれど 高校生から患っているその病気のせいで 自暴自棄になって薬を使うことをやめていた時期がある 薬を使わなければ死に直結するにもかかわらず 「働いていなくてお金がないから」という 意味不明な理由で拒否していた彼女の なんの支えにもなれていない自分が悔しくて悲しくて辛かった   月日が経ち、ある日彼女は考えを変え 頑なに閉じこもっていた殻を破って出てきてくれた 表情に生気が戻り お菓子以外の食事をきちんと食べ 引きこもりをやめてバイトをしだした   きっかけは、本を読んだからだという     鉄欠乏性貧血のせいでうつ状態になっていたに違いないと 最近になってようやく彼女は教えてくれた この本によって自分の状態の深刻さに気がついたのだそう 解消方法も症例付きでわかりやすく、お姉ちゃんも女性だから絶対に読んだ方がいい と勧めてくれた そう言われた時、 もうあの時の自暴自棄になっていた彼女ではないんだと ホッとして目頭が熱くなった とてもとても嬉しかった   以前、妊娠期にやはり貧血の診断を下され フェロミアという鉄剤を服用していたが 副作用の吐き気と便秘で服用が辛かった そういう人にはフェロケル鉄がいいのだそう   日本のものよりも成分が良く 慢性的にだるさを感じている人や、なんとなく元気が出ない人は 試してみる価値はあると思う       授乳中やサプリメントが苦手な方は こちらのアサイージュースで補給するのも より自然な摂取方法で無理がないかもしれない 健康がいちばん 大切な人を大切にするためにも 自分を大切にしなければ 教えてくれた妹に感謝