何が原因なのかはわからないし明確な理由もないけれど、元気がないな〜って時が、誰にだってありますよね。 偏った食事してないか? 運動不足じゃないか? 睡眠不足じゃないか? 昨日寝る前に脂っこいものとか甘いものとか食べなかったか? そういうものを一つずつ排除してみてください。 体の調子と心の調子って意外と密接なんです。 体調を整えたら案外思考もすっきりするものです。       そこを整えたら、あとは根本的な考え方の問題です。  

『元気をもらおう』ではなく『元気をあげよう』と思うこと。

  人は、自分の発する言葉が自分に跳ね返ってきて、励ませば励ますほど元気になっていくのです。   「誰かのため」を考えることは、心のセラピーにも取り入れられている方法で、自分を癒すことにつながります。 「誰かを喜ばせる」ことを一生懸命考えていたら、暗いことを考える暇なんてありません。 人のこともどんどん応援して、応援するにふさわしい自分であることを心がけたら、元気が湧くのです。   人は、知らない間に支えあっています。 人は、人の頑張っている姿に自分も頑張ろうという勇気をもらいます。 だから、頑張っている人は、自分に人生を生きているだけで周りに勇気を与えているのです。