丁寧な暮らしへのわたしの気持ちのシフト方法

 

 

クリスマスが終わって、もうすぐ年の瀬、年越し、お正月がやってきます。

楽しいイベントが慌ただしく押し寄せるこの時期は

少しこってりしたものを食べすぎるきらいがある。

 

暴飲暴食をした翌日には、あえてゆっくりと紅茶を飲む。

せかせかした気持ちの時には、食事も心も暴走しがちだから

そういう時こそ『丁寧な暮らし』を意識する。



クスミティーは150年の歴史を持つロシアで生まれた紅茶です。

 

お値段は老舗ブランドなりの少し高価なものだけれど

缶にぎっしりと詰められた茶葉は、小さなスプーン2杯で2人ぶん入れられるから

いちばん小さな25g缶でもたっぷり長く楽しめる。

この紅茶を飲むたびに、本当にいいものを少しずつ丁寧に保とうという気持ちにしてもらえるから

良い買い物をしたなぁと毎回思う。

 

 

 

 

美味しい紅茶の淹れ方

軟水(水道水でカルキ臭のない水)が美味しくいただけます。硬水の井戸水は使用しないようにしましょう。

茶葉の目安は、2〜3人分で茶さじ2杯(5〜6g)です。

お湯は沸騰させてください。空気を多く含んだ水が紅茶の香気成分を引き立てます。

陶磁器、銀製、ガラスのポットなどを使ってください。鉄製は茶のタンニンと化合し味を損なうので紅茶には適していません。紅茶を入れる前にポットを温めておいてください。

ティーカップは内側が白く、浅い型のものが最適です。お茶の色が映え、香りが広がり易くなります。紅茶を入れる前にまずカップを温めておいてください。

カップに注ぐ際、茶こしで茶殻をこしながら、すべてのカップの濃さが同じになるように回し注ぎます。ティーバッグの場合は直接上から注いでください。

 

 

 

 

 

紅茶の種類によって注ぐお湯の温度や浸出時間は違うけれど

いちばん好きなイングリッシュブレックファーストティーは85〜90℃のお湯を注いで3〜4分蒸らし。

安心なノンカフェイン(デキャフェ)も抽出方法は同じで

紅茶好きにも満足できる美味しさなのに夜寝る前でも心置きなく飲めるから

最近は夜にこればかり飲んでいます。

 

たかが紅茶一つのことなのだけど

やっぱり丁寧に作られたものは

身体にも心にも満足感をくれます。

 

クスミティーのセカンドラインのオーガニックビオティーも気になっています。

楽天さんで半額のうちに買ってみようかな。

缶のデザインも可愛いです。

 

 

 

 

ギフトにもぴったりな美しい缶と箱。

 

 

 

 

今年も残すところ4日となりました。

浮き足立っている気持ちをなんとか沈めて

残りの日にできることをしていこうと決めて

2017年ラストスパート。

 

 

 

ランキング参加中です
読んだよの印にポチッと押していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旦那ちゃんが大好きで仕方ない嫁です。 今まで仕事が一番だったのだけれど、主婦になって初めて自分の居場所を見つけたと感じています。 家事・育児・暮らしごとをしている今がいちばん幸せ。